Espresso

ニュー・ヨーロピアン・スタンダード
ヨーロッパの“日常”を、味わいたいあなたへ

日本ではあまり知られていませんが、ドイツは世界第3位のコーヒー消費国で、日常的にコーヒーを楽しむ文化が育まれています。
そんなドイツでも高級なブランドとして知られる、”Eilles / アイレス”。
ミュンヘンに本社を構え、バイエルン王国時代の皇室御用達のブランドとしても知られています。

酸味はやや控えめで、苦味とコク味がしっかりと味わえるドイツコーヒー 王道の味。 肩肘張らず、普段の生活に馴染むコーヒーを。 ヨーロッパの文化と暮らしを感じたい方へ。

ドイツコーヒーを楽しむ、3つのポイント

  1. ペーパードリップはドイツ発祥
    日本でも一般的なペーパードリップは、ドイツが発祥。コーヒーのコク味をしっかりと引き出す、ドリップ方式はドイツでも人気の淹れ方です。ドリップの時間も愉しみながら飲みたいものです。
  2. コーヒータイムはお菓子と一緒に
    ドイツではお菓子を食べる時に一緒にコーヒーを飲む習慣があるため、“おやつ”のことを“Kaffeetrinken”(コーヒーを飲む)と言います。ぜひ好きなお菓子とともに楽しんでみては?
  3. 水にこだわるとさらに美味しく
    コーヒーを淹れる際の水は、硬水をおすすめしています。硬水を使うことによって、ドイツコーヒーらしい、酸味が抑えられつつ、コク味と苦味を引き出すことができます。

出品されている商品がありません。